So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

売掛金200円をかつて振り出した小切手で受け取った。(売掛金)(現金)(当座預金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★☆☆☆
売掛金200円をかつて振り出した小切手で受け取った。(売掛金)(現金)(当座預金)
 

 

こたえ
 (当座預金)200 (売掛金)200 

かいせつ
 自分が振り出した小切手がめぐりめぐって戻ったときです。

 「自分以外が振り出した」小切手は(現金)ですが、
 「自分が振り出した」小切手は(当座預金)とします。

 資産(売掛金)を回収して、減少したので右に。
 代わりに、資産(当座預金)は戻ってきて、増加したので左です。

  貸借対照表
 資産 | 負債
     | 純資産

おまけ
 かつて小切手を振り出したときは、例えば、このような仕訳です。
 (仕入)200 (当座預金)200

売掛金300円を先方が振り出した小切手で受け取った。(売掛金)(当座預金)(現金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★★☆☆
売掛金300円を先方が振り出した小切手で受け取った。(売掛金)(当座預金)(現金)




こたえ
 (現金)300 (売掛金)300

かいせつ
 「自分以外が振り出した」小切手は、簿記で現金とします。
 いつでも銀行で換金できるので、現金と同じものとして扱います。

 「自分以外が振り出した」小切手以外では、郵便為替証書、株式の配当金領収書、
 支払期日の過ぎた国債や社債の利札も現金です。

 日常の現金:紙幣や貨幣
 簿記の現金:紙幣や貨幣+すぐに紙幣や貨幣に換えられるもの

   貸借対照表
  資産 | 負債
     | 純資産

 資産の(売掛金)が減るから右、
 すぐに換金できる(現金)が増えるから左です。

おまけ
 問題文のように小切手が出てくると、(当座預金)を使いたくなりますが、
 (当座預金)300 (売掛金)300  とはできません。

 資産の(売掛金)が減るので右にするのは正しいとしても、
 バランスをとるため、(当座預金)を左にすると、自分の(当座預金)にお金が
 入ったことになってしまいます。

 (当座預金)が誰のものかを考えれば分かります。
 相手が小切手を振り出したときは、相手の(当座預金)が減りますが、
 自分の(当座預金)は増えることも減ることもありません。

 (当座預金)だけでなく、(現金)や(売上)(仕入)、簿記で扱うのは、
 あくまで自分の財産です。他人の財布まで気にしていられませんから。

 逆に、「自分が振り出した」小切手でも、巡り巡って自分に戻ったときは
 (現金)ではなく(当座預金)とします。


 (当座預金)300 (売掛金)300  となるのは、
 売掛金を現金で回収し、すぐに自分の当座預金に入金したときです。

当座預金を開設し、現金1,000円を預け入れた。(当座預金)(現金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★☆☆☆
当座預金を開設し、現金1,000円を預け入れた。(当座預金)(現金)




こたえ
 (当座預金)1,000 (現金)1,000

かいせつ
 小切手で払うためには、当座預金が必要です。
 当座預金も「預金」なので、口座に入金しておかないと小切手は振り出せません。

   貸借対照表
  資産 | 負債
     | 純資産

 資産(現金)を減らして、資産(当座預金)を増やしたから、
 (現金)は左に、(当座預金)は右に書きます。

商品を250円で仕入れ、代金は小切手で払った。(仕入)(当座預金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★☆☆☆
商品を250円で仕入れ、代金は小切手で払った。(仕入)(当座預金)




こたえ
 (仕入)250  (当座預金)250 

かいせつ
 代金を現金ではなく、小切手で支払うこともあります。
 小切手を受け取った側は、いつでも銀行で換金できます。
 小切手が換金されると、小切手を渡した側の決裁用の口座「当座預金」からその分の
 金額が引き出されます。

 当座預金は「預金」なので資産です。
 預金には普通預金もありますが、当座預金は普通預金と違って利息が付きません。

 なら、普通預金の方が良いのでは?と思うかもしれませんが、
 当座預金を開設すると、小切手帳を銀行から受け取り、小切手で支払いができます。
 小切手を使えると、手元に多くの現金を置く必要がなくなり、盗難や紛失のおそれがなくなります。
 小切手は支払うまでは白紙にしておくので、小切手帳を盗まれても、実害は防げます。

 個人であれば、普通預金を使った口座振込みもできますが、
 店や会社は入出金が多く、振込み手続きも非常に煩雑ですので、一般的ではありません。

   損益計算書
  費用 | 収益

   貸借対照表
  資産 | 負債
      | 純資産
 
 費用(仕入)が増えたから左
 資産(当座預金)が減ったから右。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

金庫の現金を調べたところ、帳簿より50円不足していた。(現金過不足)(現金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★★☆☆
金庫の現金を調べたところ、帳簿より50円不足していた。(現金過不足)(現金)




こたえ
 (現金過不足)50 (現金)50 

かいせつ
 実際の金庫の残高と、帳簿の残高が違っているときは現物優先です。
 実際の残高に、帳簿の残高を合わせます。

 帳簿より50円不足していた=何かの理由で50円払った記録を付け忘れたとします。
 右手で現金を払ったはずなので、(現金)を右に、
 理由は定かではありませんが、とりあえず(現金過不足)として左に書きます。

 (現金過不足)50 (現金)50

おまけ
 (現金過不足)は実際と帳簿の残高に差があると分かった時点で、とりあえずの
 理由として使います。理由が判明すれば、(現金過不足)を取り消す処理をします。

 たとえば、原因を調べたところ、買掛金の支払い50円の記録漏れが分かった場合、
 (買掛金)50 (現金過不足)50

 本来であれば、このようになりますが、
 (買掛金)50 (現金)50
 (現金)の代わりに、過去に処理した(現金過不足)を取り消します。

 (買掛金)50 (現金)50     は、実際に現金が移動していますが、
 (買掛金)50 (現金過不足)50  は、帳簿の帳尻あわせなので、現金の移動はありません。

かねて下取りに出した業務用の乗用車代金1,000円を現金で受け取った。(車両運搬具)(現金)(未収金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★☆☆☆
かねて下取りに出した業務用の乗用車代金1,000円を現金で受け取った。(車両運搬具)(現金)(未収金)




こたえ
 (現金)1,000 (未収金)1,000 

かいせつ
 下取りに出した乗用車は業務用で、商品ではありません。
 商品以外の物品の代金を後で受け取るときは、(未収金)。
 商品の代金を後で受け取るときは、(売掛金)。

 どちらも後で受け取れる権利、いわば債権なので、資産のグループ。
 (未収金)を回収したときも、(売掛金)の回収と同じように
 現金を受け取る代わりに、権利が消滅します。

 資産(未収金)が減少したので、右に。
 資産(現金)は増加したので、左に書きます。
 
  貸借対照表
  資産 | 負債
      | 純資産

 左手で現金を受け取り、理由の(未収金)を右に書いてもOKです。
 (車両運搬具)の下取りは、「かねて」行なった取引なので、この問題の範疇外です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

業務用の乗用車を下取りに出し、代金1,000円を月末に受け取ることとした。(車両運搬具)(売掛金)(未収金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★☆☆☆
業務用の乗用車を下取りに出し、代金1,000円を月末に受け取ることとした。(車両運搬具)(売掛金)(未収金)



こたえ
 (未収金)1,000 (車両運搬具)1,000 

かいせつ
 下取りに出した乗用車は商品ではありません。
 商品以外の物品の代金を後で受け取るときは、(未収金)。
 商品の代金を後で受け取るときは、(売掛金)。

 どちらも後で受け取れる権利、いわば債権なので、資産のグループです。

 資産(車両運搬具)が減少したので、右に。
 資産(未収金)は増加したので、左に書きます。
 
  貸借対照表
 資産 | 負債
     | 純資産

 この問題で商品は登場しないので、(売掛金)は使いません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

業務用の乗用車を購入し、車両価格1,000円と付随費用200円を、来月に払うこととした。(車両運搬具)(支払手数料)(買掛金)(未払金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★★☆☆
業務用の乗用車を購入し、車両価格1,000円と付随費用200円を、来月に払うこととした。(車両運搬具)(支払手数料)(買掛金)(未払金)




こたえ
 (車両運搬具)1,200 (未払金)1,200 
かいせつ
 業務用の乗用車は固定資産です。
 本体価格と付随費用を合計して、(車両運搬具)とします。

 この問題では、車両価格1,000円+付随費用200円=1,200円
 (車両運搬具)1,200 です。

 代金は、現金払いではなく、後払いにしました。
 商品の代金を後払いするときは、(買掛金)ですが、
 商品以外の物品の代金を後払いするときは、(未払金)。

 (未払金)も(買掛金)も負債のグループです。

 資産(車両運搬具)が増加したので、左に。
 負債(未払金)も増加したので、右に書きます。
 
  貸借対照表
  資産 | 負債
      | 純資産

 (支払手数料)(買掛金)は使いません。

おまけ
 商品の代金を、後日受け取るときは(売掛金)、
 商品以外の物品の代金を、後日受け取るときは(未収金)
 どちらも後で貰える権利で、資産のグループです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

土地を購入し、代金1,000円の他、仲介手数料300円、登記料100円を合わせて、現金で支払った。(土地)(支払手数料)(現金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★☆☆☆
土地を購入し、代金1,000円の他、仲介手数料300円、登記料100円を合わせて、現金で支払った。(土地)(支払手数料)(現金)




こたえ
 (土地)1,400 (現金)1,400 

かいせつ
 (土地)は資産のグループで、特に、固定資産と言います。
 1年を超えて保有する資産です。
 固定資産には、(土地)のほか、(備品)(車両運搬具)(建物)があります。
 いずれも、本体価格と付随費用を合計して(土地)(備品)(車両運搬具)(建物)とします。

 この問題では、本体価格1,000円+仲介手数料300円+登記料100円=1,400円
 (土地)1,400 です。

 資産(土地)が増加したので、左に。
 資産(現金)は減少したので、右に書きます。
 
   貸借対照表
  資産 | 負債
      | 純資産

 右手で現金を払って、理由を左に書いても、もちろんOKです。
 (支払手数料)は使いません。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

営業用のトラックを現金10,000円で購入した。(備品)(車両運搬具)(現金) [仕訳編]

簡単簿記 仕訳編(  )の言葉を使ってください。
★☆☆☆
営業用のトラックを現金10,000円で購入した。(備品)(車両運搬具)(現金)




こたえ
 (車両運搬具)10,000 (現金)10,000 
かいせつ
 (車両運搬具)は名前どおり、トラック、乗用車、バイクなどの車両ですが、注意すべきは「営業用の」車両を言います。
 自動車ディーラーが「販売用の」車両を買えば、商品となり、
 (仕入)XXX (現金)XXX とします。

 (備品)と似ています。
 資産のグループという点も同じです。増えれば左、減れば右です。
 
  貸借対照表
 資産 | 負債
     | 純資産

 問題では、資産(車両運搬具)が増えているので左、
 その代わり、資産(現金)が減っているので右です。
 (備品)は使いません。

 右手で現金10,000円を払って、その理由を反対の左に書いてもOKです。

おまけ
 (備品)(車両運搬具)のほか、(建物)(土地)は資産のグループで、
 特に、固定資産と言われます。1年を超えて使用するために保有している資産です。

 いずれも、購入時には本体価格と、送料や保険料、手数料、整地費用、登記料など、
 かかった費用を合計し(備品)(車両運搬具)(建物)(土地)とします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。